2015年06月03日

円通ひとり旅 18

志保美 円照著「円通ひとり旅」より


丹波国西国三十三カ所
紫陽花の花に導かれて 3

 昭和五十五年秋「丹波の古道」(奥谷高史著)が出版され、その中に[丹波西国
三十七所道中記]という文が、十三頁に亘って書いてありました。それによると、
丹波一国の西国霊場は江戸時代の中頃には出来ていたようです。「文化四年(1807)
に道中記が出され、嘉永五年(1852)にその再版が出されており多くの人が
順(巡)礼していたことと思われる。現在は廃寺になっている寺名や、なくなって
いる旧村名なども記されている」と書かれ、現在の市町村名も付記されていて、その
第一番は「福知山市 観音寺」と記してあります。
(つづく)
posted by mio at 14:42 | TrackBack(0) | 観音霊場巡り
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/137254804
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック