2015年06月11日

円通ひとり旅 20

志保美 円照著「円通ひとり旅」より

丹波国西国三十三カ所
紫陽花の花に導かれて 5

 この中で私がそれまでにおまいりしていたのは、毎年大護摩のご縁にあう観音寺と
昭和52年秋の吟行で訪ねた岩滝寺だけでした。檜倉の高源寺、西国札所の穴太寺、
君尾山光明寺、足利尊氏ゆかりの安国寺など、寺名だけは聞いていましたが未だおま
いりしてはいませんでした。

 古い道中記に「道のり総〆八十一里半総じて在道多き故度々お尋ね可被成候 別し
て二十二番より二十八番君尾山へ出るまでは山中にて譬は紀州路の心持にて峠坂多く
食事は茶屋宿屋無之 寺在家に御頼候得ば随分楽 御城下も大かた通り候へども弁当
は御持参勝手宣候何分も霊場古跡にて候間万事本西国の心持にて我丹波の国の西国な
れば一たびはめぐりて国のひろき事をも見聞し且つは観世音のめぐみに縁を結び給へ
穴賢」

と記された最後の二行を読んだ時に突然、身体の中にピリッと雷に打たれたような衝
撃が走りました。そのとき、この本に書かれているお寺をこの順番通りに巡拝して観
音さまのお恵みのご縁を得たいと発願したのです。
 昭和56年は三人の子供たちがそれぞれ節目の大変な年回りでしたので、一生懸命
になって丹波国三十三カ所を巡拝しました。
 『丹波の古道』の記事を先達に、地図と時刻表を道連れに。
posted by mio at 11:39 | TrackBack(0) | 観音霊場巡り
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/140041110
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック