2011年11月29日

先人の言葉

事務所開設時に苦労したこと

 お金の請求の仕方

 国選事件に対して,どう興味をもって取り組むか


ある先輩弁護士の言葉です。
イソ弁でいる間は,お金の話はボスがするので,余りお金の話には無頓着だったのが,
いざ,自分の事務所になると,自分でお金の話を依頼者にしなくてはならなくなり,
戸惑ったという話です。

二つ目は,国選の刑事事件に対して,どういうスタンスで取り組むかというか,国選は
ペイしないため,モチベーションの維持が難しいということか。

国選の刑事事件は大変だが,やりがいという点ではある場合もあるので,それほど
モチベーション的な問題はないのだが,事務所経営という観点では,かなり痛いというのは
ありますね。

お金の問題は,やっぱりついて回りますね。
お医者さんみたいに保険があるということもないですから。
割のいい仕事は少ないし,ボランティアみたいな仕事も多いですから。
その分,しっかり儲かる仕事もないと事務所の維持もできないし・・・
お金の問題はこれからもついてまわりますね。


posted by mio at 12:56| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]